坊主が街にやってきた!
一ヶ月ほど前、ほろ酔いでふら~ふら~と夜の道を歩いていた時の事です。
「ん?なんか新しいお店が出来かけてる?」
こっそり開いていたドアから中を覗くと、シックなカウンターがしつらえてあって内装も大人ぽく、すっきりとしたモダンな和のイメージ。「この作りだとBARかなあ、うちから近いしこれはイイ!」
(お酒はあんまり飲めないんですけど)
私、京都の真ん中に住んでるんですが意外と住宅街で、夜はあまりにぎやかではないのですよね。
そんな立地の所為か、近所に隠れ家的なcafeやBar、こじゃれたレストランが増えては来てるんですが、このお店が出来れば我が家から最短距離!飲酒運転(自転車ですけど)しなくてもいい~
と内心ウキウキしてました。
 
数日後、また前を歩いていたら「おっ 看板かかってる!」
近づいてよーく見たら
f0155516_12521877.jpg

ぼ、坊主BAR!えー!
アレですか?お坊様が水割りとかカクテルとか・・・?もうこの時点で興味津々!
で、数日後の深夜に直撃。
 
てっきり袈裟とか御召しになった住職様がカウンターの中におられると思いきや
割と普通(失礼)な男性と、すっきりした美人さん。
でも、衝撃的な事が・・・
カウンター以外にテーブルがいくつかあるんですが、その中央にこんなものが
f0155516_12524533.jpg

仏器。(笑)


いや 笑っちゃダメ、いやいやいや。でも、これなにに使うの?と聞いてみたら
「バーテンを呼ぶ際に鳴らして下さいましたら」
ああ!呼び鈴!名案!(笑)

でも、それって仏様に対して失礼な事ではないのかなあ、と心配になって質問したら、
「仏教においては楽器のようなものなのですよ、鳴らして頂く方がよろしいのです」
ああ、なるほど。
 
カウンターの中のにこやか笑顔の男性も実はお坊様、奇しくも私の家と同じ宗派。(笑)
大した信心もないんですが、帰省するとまず仏壇の前に座って「帰りましたよじいちゃんばあちゃん、なんまんだー」と唱える習慣のある私、全く違和感もなく「煩悩」なんてしゃれた名前のついた(?)カクテルを一杯頂いてありがたく楽しい説法を拝聴し、「じゃ、そろそろ」と席を立つと『写経ノート』と言う世にも珍しいOPEN記念の粗品を頂いてテンション上がって大喜び。「そんなに喜んで頂けるのなら」と2セットも貰ってしまった・・・仏像フェチの友人に1つは献上しようと思います。
 
こんな風に書いてしまうとちょっと不真面目に感じる方がいらっしゃるかな?でも、限りなくほっとできる空間でした。京都の夜散策にいかがでしょ?043.gif
 
この日、持っていたバッグはこの子↓


f0155516_13114447.jpg


ASC535-DW(19・BLACK) ¥19,950

 
雨のそぼふる寒い夜、ダウンの上にボディバッグにして引っ掛けていたら、
「素敵なかばんですね~」とバーテン住職様に褒めて頂けた!わあーい!
 
発売以来、特に毎年このシーズンは売れ行きベスト3にランクインする人気者です。今なら全色お揃えしてますので、気軽に声かけて下さいね♪

by ainsoph1 | 2010-12-11 12:11 | Ain Soph京都店